第5章 心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります―①

If a child lives with tolerance,
He learns to be patient.

寛大な親とは

  マックギニスは著書のなかでケネディー家の事に触れています。ケネディー大統領が次のように父親を語ったというのです。「水泳教室がいくつもあります。そのたびに1年生の選抜があって、僕はよくそれに出ていました。父はいつもそれに応援にきたものです。いつもかならずね。兄弟全部に父はそうしていました」。そしてマックギニスはその解説に、「子供を励ましてできるだけ多くの目標に挑戦させ、こんな形で付き合ってくれる父親がいたら、子供の将来は大きくちがってくるだろう」 と、言っています。
 しかしこのようなことはちょっと考えるだけでも大変なことです。子供がしたいことを励ますのであって、親が子供にさせたいことを、やるように励ますのではないのです。子供を自分の望むように変えようというのではないのです。
 子供を励ますことを、子供を自分の望むように変えることと勘違いしている親は多いようです。子供を変えようとするのではなく、子供をありのままに受け入れるためには大変な忍耐力、寛大さが必要です。子供の才能に非現実的な期待をかけたりしないことなのです。

 心の寛大な人の中で育った子供は、我慢強くなります、という「寛大」の元の言葉はtoleranceです。他人の考えなどに寛大なことであり、また他人の間違いなどに寛大なことであり、また他人の間違いなどを我慢することです。

未成熟な親とは

 情緒的に未成熟な親は、子供の自然な成長を待てないと言います。もともと子供は自己中心的で、いろいろなことに我慢できるものではありません。しかし、そんな子供の自然に耐えられない母親が多いのです。そこで、ついつい子供の年齢にしては無理なことを要求してしまいます。
 親の心が寛大であるときには、子供は自分の望みを発見できます。自分の望みが親の期待に反するのではないかということを恐れる必要がないからです。また寛大な親にとって、子供の自我の成長は脅威ではないでしょう。
 親と子供がいつもケンカしているのは、お互いに相手を自分の都合良いように変えようとしているからです。心が寛大とは、子供が自分の期待と違った望みを抱くことを許せる、ということです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』
www.mintnokaze.com