楽しみな豆まき

 


 エンクルは大雪山系の標高千メートルほどの山小屋に暮らしていました。もうすぐ一年で一番楽しみにしている節分です。栄養豊富なピーナッツはエンクルの大好物です。マスターはまいた豆をすぐにかき集めるのですが、本棚のうらや段ボールのかげに必ず残しておいてくれるのでした。

 ピーナッツは中国では落花生のほかに長寿花とも呼ばれています。オレイン酸やレシチンが豊富でアンチエイジングや記憶力低下を防ぐ効果もあるといわれています。ピーナッツの薄皮には、最近では赤ワインなどですっかりおなじみになった「レスベラトロール」が豊富です。抗酸化作用が強いポリフェノールでこれも心臓病やがんを予防する効果があります。
  栄養価の高いピーナッツですが、歯科では咀嚼効率を調べるのによく使われます。咀嚼効率とは健康な歯を100としたとき、入れ歯やインプラントはどのぐらい効率よく咀嚼できているかを表すものです。
 食事は一口30回咬むようにしたいものですが、忙しい現代人にはなかなかの難題です。節分の夜、みんなで一粒の豆を30回咬んでみて、咬むこと咬めることの大切さを噛みしめてみてはどうでしょう。

*ピーナッツアレルギーが疑われる場合や腎臓病の方は食べられる量など注意が必要ですので医師にご相談ください。