第3章 ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります―②

自己主張をするために

 人にとりいろうとしてそのように行動し、他者否定的で高慢な人間に気に入られているとします。しかし、心のどこかでなんとも頼りない感情がわきおこっています。
 ところがある日、私はこうして欲しい、こうしたい、ということをはっきり言ってしまいます。それが嘲笑われたり無視されたりすることなくまともに対応された時、心のなかに、頼りがいのある何かが芽ばえるのです。自分が自分のなかの何かを頼りに生きていけることがわかってくるのです。
 おわかりでしょうか。他人ではなく自分を頼りに生きていく、このことに直面しなくては、不快なことを不快と感じることはできません。幼い頃からからかわれ、自己主張のできない人には、このことはとても難しいのです。

強さを身につけるには

 私が幼い頃からスローガンのようにいつも言わされていた言葉が3つありました。「豪胆」、「忍耐」、それに「従順」でした。そんななかで、私は宗教団員のように「従順」を求められ、教え込まれたのです。「従順」な私はいつも嘲笑われました。
 そんな家があるのだろうか、と疑問を持てる人は、幸せな人です。忠誠を尽くした相手に嘲笑われることなく、自己否定的な交流を身につけてしまうこともなかったのでしょうから。
 幼い頃から、自分の願いや要求が嘲笑われたり無視されたりすることなく、まともに対応されて育った人、つまり母親から愛されて育った人は、自然に人としての強さを身につけていくのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)