第4章 ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になりますー①

If a child lives with shame,
He learns to feel guilty.

子供に屈辱を与える親

「妬みを受けて育った子供は」の直訳は、「shameとともに育った子供は」となっています。「shame]とは恥辱であり、不面目であり、そして恥ずかしく思うことです。
 どのような親がそんな屈辱を子供に与えるのでしょうか。その典型的なタイプの一つは、おそらく恩着せがましい親ではないでしょうか。ニイル(教育学者)は「最低の父親は、子供に感謝を要求する父親である」と言っています。

成功を恐れるひとびと

 私がアメリカ滞在中に読んだ向こうの精神分析関係の本にある症例の中に、成功できる能力と機会に恵まれながら、最後にくるとどうしても失敗してしまう人の話がよく出てきました。例えば次のように、です。
 Some people are sfraide of success.(成功を恐れている人がいる)。
 私は当時、このことがどうしても理解できませんでした。そんな馬鹿なことがあるものだろうかと疑問に思ったものです。
 不思議なことに、それらの例や文章を、私はちゃんと記憶していたのです。私は、自分で信じられないことというのはたいてい忘れてしまう性分なのですが、それらは忘れていなかったのです。おそらく、そんな馬鹿な、と思いながらも無意識の部分に刺激となっていたのでしょう。
 大きな家に住みたいと望んでいた婦人が、現実に大きな家に住めるようになってみると「うつ」になってしまう、という例がありました。どうやら成功を恐れている人は、確かに存在するようなのです。彼らは幼い頃、不幸な人々に囲まれて成長してきたのではないでしょうか。
 何かいいことがあるとそれを妬むような人々の集まっているところで成長すれば、成功することを恐れる人が出てきても不思議ではないでしょう。ことにそれが親であればなおさらです。成功すると見捨てられる、憎まれる、と感じて無意識に成功を避けてしまうということがあるのです。それでも、どうしても成功してしまうと、罪悪感をもってしまうことだってあるのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)