第3章 ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります―①

If a child lives with ridicule,
He learns to be shy.

子供をからかうことの罪

 カーネギーをはじめ多くの人が、人間の最も大切な願望の一つとして、自己重要感を上げています。自分が、社会や誰かにとって必要なんだと感じたい気持ちです。ところが、からかうということは、この大切な気持ちを傷つけることになります。相手を軽く見ているからこそ、からかうという行動にでるのすから。これほど子供の気持ちを傷つけることはないでしょう。にもかかわらず、案外大人は子供をからかって遊びます。子供のほうでも親にからかわれることを喜んでいるかのようにふるまう時があるのですが、実は、子供は親の歓心を買うために、自分で自分を傷つけているのです。
 一方でからかっておきながら、他方で意欲的な人間になってもらいたいというのは「手足を縛って水の中にほうりこんで泳げというようなもの」です。

自分を笑って追いつめる

 交流分析という分野には「絞首台の笑い(Gallows transaction)」なる言葉があります。自分の首に縄がかかっているという絶体絶命の状況にありながら、笑うなどという馬鹿げた行為で縄を締めてしまうという破壊的な笑いです。失敗や不幸に対する笑いは、すべてこの「絞首台の笑い」です。この笑いをする人は、自分が笑われる立場であることに甘んじています。「馬鹿げた失敗で他人の笑いを誘い、自分を軽蔑させる」という交流です。道化者を演じ、それを他人に笑われることで満足するのです。「医者から注意されているのにまた酒を始めた。」とか「暗い道でドブに気づかずにケガをした」などというのがそうです。そして「これは敗者にみられる交流だ」ともいわれています。
 こうした人は、自分の失敗を自分でクスクス笑って相手にとりいっています。また失敗をしてみせて他人に笑われることで、自己否定的な自分を確認するのです。さらには、笑われることで他人との関係を維持しようとまでします。
 彼らは自分が愚かでなければ他人に気に入られない、と無意識のうちに感じているのです。身近な人間の愚かさを嘲笑うことで満足するような親に育てられた子供は、当然こうした面をもつようになるでしょう。小さな子供は、親の関心を引く方法をいつもさがしているものです。そのためならば、自分を傷つけることもしてしまいます。こうして子供は自己主張のできないはにかみ屋になっていくのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』
www.mintnokaze.com