第4章 ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になりますー②

恩着せがましい親の罪

 恩着せがましい親は、子供に自分の価値を売り込んでいるのです。売り込まれた子供のほうはというと、自分の価値がなくなってしまったような気持ちになります。そんな関係のなかで育った人間が、素直になることはとても難しいのです。
 私自身前述のように、他人に話しても信じてもらえないほど恩着せがましい環境で育ったので、そんな環境がどれほど子供の無価値観を根深いものにするか、よくわかっているつもりです。

自分の価値を見失う子供

 恩着せがましい親にとっては自分の心の安定のために、子供が「自分は価値のないにんげんだ」と感じることが必要なのです。子供がそう感じてくれれば、親は自分の価値を感じることができるのです。

 こんな育ち方をした人は、自分の存在が他人に喜ばれているという感情をもつことができません。それどころか、自分は他人にとって負担という感じ方を心の底にこびりつかせています。
 だから心地よく他人と一緒にいることができません。他人といると気がひけてしまいます。すると相手に何かしてあげなければいられない気持ちになります。相手の得になるようなことをすることで、その居心地の悪さから逃れようとするのです。
 さらには、損することでかえって気持ちが安定します。ところが損をしたという不快感は残ってしまいます。これではどうしたって他人と居心地よくいるということはできません。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)