第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦いますー①

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

If a child lives with hostility, He learns to fight.

戦場にある心

 本章のテーマであるこの一文を見たとき、私は直ぐに「自分の弱みを他人に見せまいとして、虚勢を張っている人は、いつも戦場にいるようなものだ」という意味のウルフ(精神医学者)の言葉を思い出しました。このことは、虚栄心の強い人のことを考えるとよくわかります。
虚栄心の強い人は、多大なエネルギーを労費し、自分を大きく見せて相手を圧倒しようとします。いわば力の誇示ですが、実は心の底で、自分はつまらぬ人間だと思っているのです。

こんな人はまた、野心や名声にも固執します。それらが自分の無力感や孤立感を解消してくれるからです。恐ろしいことに、この栄光を求める心の中には、他人や世の中への復讐の衝動が隠れています。
敵意にみちた中で育ったり、無視されて育ったり、過保護過干渉のなかで親に束縛されて育ったりした人はどうでしょう。彼らは他人との心のつながりなどというものを信じることができません。ですから、挫折にあうと、つい復讐に心を奪われがちなのです。

ほんとうに安らぎを得るには    

 自分を実際以上に見せようとすることは、重荷を背負っているようなものです。ウルフは、金持ちになることで安心しようとする人のことを「それは一トン半もの重い鎧をみにつけた恐竜が、あの大昔の泥沼の中で生きるための戦いをしなければならなかったのと同じである」といっています。自分を守るために身につけた鎧のあまりの重さに、うっかりはまりこんだ沼地からぬけ出せなくて、かえって命を落としてしまった恐竜。人間でいえばこの鎧にあたるものがお金であり、地位だとウルフは言っています。
 ほんとうに心の安らぎを求めるなら、実際の自分のそのままに価値があることを見つけなければなりません。しかし、敵意に満ちたなかで育った子供には、とても困難なことです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』
www.mintnokaze.com