第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います―②

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

他人の成功を喜べる心

 それまで生きることがじゅうぶんに楽しめなかった私が30代になって楽になれたのも、自分が負けているということを認めたからです。そんな気持ちをおさえつけている愚かさがわかったからです。
 負けていることを認められないでいると、いつも他人に自分の価値を証明していなくてはなりません。しかしそんな態度では、ますます周囲の反発を買うことになりかねません。他人の成功が自分の価値を下げるように思えて、他人の成功に素直になれないでしょう。逆に他人の失敗が、自分の価値を上げるようにも思えるでしょう。そうなると、いつも他人の成功と失敗が気になってしかたがないのす。
 まずは、今まで目をそむけていた「自分は負けている」という気持ちに気づくことです。不思議なもので、そうなるとそれまでの勝負へのこだわりが滑稽に思えるはずです。すると、勝ち負けと自分の価値とが別なものに感じられ、素直に負けを認めることもできるのです。
 そうなってはじめて人は、他人の成功を心から喜び、また他人の不幸を心から哀しむことができるようになります。そしてそのような生き方からくる心の安らかさを味わうことができるのです。