離乳食 中期~後期

離乳食の中期は舌と上あごで食べ物を潰して食べます。
この頃からしっかりモグモグしてしっかりゴックンするようにしたいものです。
そばにいるお父さんやお母さんが大げさなぐらいに、モグモグやゴックンをやってみせてください。子供のためには時にはお笑い芸人になることも必要です。
ゴックンまでの時間を徐々に増やしていきましょう。

この時期は手づかみ食べも積極的にさせます。手でつかんだ食べ物を口に入れるという簡単に見える動作も実は赤ちゃんにとっては簡単ではありません。失敗や成功をくりかすことで指先も器用になり、口に運べるようになるのです。

Video Source:バイリンガル3兄妹

www.ekimaesika.com
日本小児歯科学会「こどもたちの口と歯の質問箱」

 

よい歯並びのために今できること

将来のよい歯並びのためには、子供の成長過程で、様々な機能ががバランスよく発達してしていかなくてはなりません。
舌や口の周りの筋肉、呼吸筋と姿勢筋などです。
それらは、たいていの場合、赤ちゃんの時からの食生活や生活習慣の積み重ねによって育まれていきます。
良い歯並びを手に入れるために、今、目の前にいる大切な宝物に何をしてあげたらいいのか。一緒に考えていきましょう。

www.ekimaesika.com
日本小児歯科学会「こどもたちの口と歯の質問箱」

母乳ってやっぱりいいね

出展:ピジョン授乳期研究会

赤ちゃんは口でおっぱいを吸いながら、鼻で呼吸をしています。近年、子供の舌や口唇の力が弱くなり口呼吸のお子さんが増えています。それを改善するために様々なトレーニング法があります。が、生まれたばかりの赤ちゃんがおっぱいを吸うときの本能行動(生物学的には反射というかもしれません)は、どんなトレーニングもかなわないことが分かります。逆に言うと、できるだけ母乳を飲ませたほうが、舌や口唇の機能の発達のために良いということです。

www.ekimaesika.com
日本小児歯科学会「こどもたちの口と歯の質問箱」