第4章 ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になりますー③

にせの罪悪感

 フィットテイカー(注4)が「にせの罪悪感」という言葉を使っています。幼い頃から何か悪いことがあると「おまえのために」と言われ、何かいいことがあっても「苦労したため」にできたことだと親から言われて育てられた人が抱く感情です。こんな人は、大人になっても、ただ会っただけですでにその相手に心理的な借りをつくってしまいます。
 他人と一緒になることで、幼い頃に心の底にすりこまれた親の恩着せがましい声や表情が再現されはじめるのです。このようにして味わうのがにせの罪悪感です。
 困ったことに、こういう人は本当の罪にはかえって鈍感です。そのくせ正当なことを主張することに罪悪感をおぼえてしまうのです。他人の不当な要求にノーと言えないのです。これもまた、幼い頃の経験が生んだ悲劇でしょう。

他人の不幸を望む理由

 ところで、他人の不幸を望む動機とは、なんなのでしょうか。それは、あからさまな敵意であったり、陰にこもった妬みであったりします。いずれも強い感情です。ことに妬みは、無意識の部分で相手を侮辱しようとしているのですから、相手のいいところを受け入れるのは簡単ではありません。
 ドイツ語には「人を傷つける喜び」という単語があるほどです。「シャーデンフロイデ」といいます。
 心の底に敵意をかくしている人は、まず他人の幸福は喜べないでしょう。他人の不幸を心のどこかで、いい気味だ、と思っているでしょう。こういう人は、自分の幸せよりも他人の不幸が重要になってくるのです。
 心が満ち足りている人は、他人の幸福の報せをほっとして聞くのです。「ああ、よかった、あの人たちは幸せなんだ」と胸をなでおろします。ところが、悩んでいる人は、他人のそんな報せを聞いても面白くありません。何か期待はずれのような気持になるのです。
 その違いはどこからでてくるのでしょう。その人の心の底に愛情があるか敵意があるかの違いなのです。
 ちょっと不思議なことなのですが、人は不幸にともなう感情、例えば妬みやひがみなどにしがみつきます。どうしてなのでしょう。やはり心の底に敵意をおさえつけていることがその原因なのです。
 人は心の底の敵意や憎しみを、表には出しづらいものです。それで、妬んだりひがんだりすることで、敵意を秘かに満足させてしまうのです。英語では、これを「受身的攻撃性(passive aggressiveness)」といっています。
 しかも嫉妬している人は、自分が嫉妬していることまでかくそうとします。人は弱いものです。うつ病者を生みだしやすい家の人が嫉妬深い、と言われているのです。当然でしょう。家中に、陰にこもった敵意が渦巻いていては、うつにもなるでしょう。
 強い人、つまり自分で自分を頼れる人ならば、自分の内にある憎しみにも向き合えるし、そんな感情も弱い人に比べれば少ないのです。すると受け身的攻撃にでることもないでしょう。
 ですが、ストレートに攻撃的になれない弱い人も世の中には多いのです。そうなれないぶん憎しみはどうしても強くなってしまいます。これが嫉妬となります。
 例えば「あいつは自分の人生をダメにしようとしている」などという憎しみを吐き出せずにおさえつけていると、それが嫉妬となって、自分を攻撃する心配のない他人に向けて発散されます。本来向けるべきところに攻撃を向けることなく、いわれのない敵意を浴びる犠牲者がでるのです。
 親にとっての「自分を攻撃する心配のない他人」が、子供です。こうして親の嫉妬が、正義とか教養とか愛情とか、社会的に奨励される価値の仮面をかぶって子供に向けられるのです。

注4)女性心理学者。『あなたが私をどう考えるか、私の知ったことではない』を1979年にアメリカで出版。まだ日本には訳されていない。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

第4章 ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になりますー②

恩着せがましい親の罪

 恩着せがましい親は、子供に自分の価値を売り込んでいるのです。売り込まれた子供のほうはというと、自分の価値がなくなってしまったような気持ちになります。そんな関係のなかで育った人間が、素直になることはとても難しいのです。
 私自身前述のように、他人に話しても信じてもらえないほど恩着せがましい環境で育ったので、そんな環境がどれほど子供の無価値観を根深いものにするか、よくわかっているつもりです。

自分の価値を見失う子供

 恩着せがましい親にとっては自分の心の安定のために、子供が「自分は価値のないにんげんだ」と感じることが必要なのです。子供がそう感じてくれれば、親は自分の価値を感じることができるのです。

 こんな育ち方をした人は、自分の存在が他人に喜ばれているという感情をもつことができません。それどころか、自分は他人にとって負担という感じ方を心の底にこびりつかせています。
 だから心地よく他人と一緒にいることができません。他人といると気がひけてしまいます。すると相手に何かしてあげなければいられない気持ちになります。相手の得になるようなことをすることで、その居心地の悪さから逃れようとするのです。
 さらには、損することでかえって気持ちが安定します。ところが損をしたという不快感は残ってしまいます。これではどうしたって他人と居心地よくいるということはできません。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)

 

第4章 ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持になりますー①

If a child lives with shame,
He learns to feel guilty.

子供に屈辱を与える親

「妬みを受けて育った子供は」の直訳は、「shameとともに育った子供は」となっています。「shame]とは恥辱であり、不面目であり、そして恥ずかしく思うことです。
 どのような親がそんな屈辱を子供に与えるのでしょうか。その典型的なタイプの一つは、おそらく恩着せがましい親ではないでしょうか。ニイル(教育学者)は「最低の父親は、子供に感謝を要求する父親である」と言っています。

成功を恐れるひとびと

 私がアメリカ滞在中に読んだ向こうの精神分析関係の本にある症例の中に、成功できる能力と機会に恵まれながら、最後にくるとどうしても失敗してしまう人の話がよく出てきました。例えば次のように、です。
 Some people are sfraide of success.(成功を恐れている人がいる)。
 私は当時、このことがどうしても理解できませんでした。そんな馬鹿なことがあるものだろうかと疑問に思ったものです。
 不思議なことに、それらの例や文章を、私はちゃんと記憶していたのです。私は、自分で信じられないことというのはたいてい忘れてしまう性分なのですが、それらは忘れていなかったのです。おそらく、そんな馬鹿な、と思いながらも無意識の部分に刺激となっていたのでしょう。
 大きな家に住みたいと望んでいた婦人が、現実に大きな家に住めるようになってみると「うつ」になってしまう、という例がありました。どうやら成功を恐れている人は、確かに存在するようなのです。彼らは幼い頃、不幸な人々に囲まれて成長してきたのではないでしょうか。
 何かいいことがあるとそれを妬むような人々の集まっているところで成長すれば、成功することを恐れる人が出てきても不思議ではないでしょう。ことにそれが親であればなおさらです。成功すると見捨てられる、憎まれる、と感じて無意識に成功を避けてしまうということがあるのです。それでも、どうしても成功してしまうと、罪悪感をもってしまうことだってあるのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)

第3章 ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります―②

自己主張をするために

 人にとりいろうとしてそのように行動し、他者否定的で高慢な人間に気に入られているとします。しかし、心のどこかでなんとも頼りない感情がわきおこっています。
 ところがある日、私はこうして欲しい、こうしたい、ということをはっきり言ってしまいます。それが嘲笑われたり無視されたりすることなくまともに対応された時、心のなかに、頼りがいのある何かが芽ばえるのです。自分が自分のなかの何かを頼りに生きていけることがわかってくるのです。
 おわかりでしょうか。他人ではなく自分を頼りに生きていく、このことに直面しなくては、不快なことを不快と感じることはできません。幼い頃からからかわれ、自己主張のできない人には、このことはとても難しいのです。

強さを身につけるには

 私が幼い頃からスローガンのようにいつも言わされていた言葉が3つありました。「豪胆」、「忍耐」、それに「従順」でした。そんななかで、私は宗教団員のように「従順」を求められ、教え込まれたのです。「従順」な私はいつも嘲笑われました。
 そんな家があるのだろうか、と疑問を持てる人は、幸せな人です。忠誠を尽くした相手に嘲笑われることなく、自己否定的な交流を身につけてしまうこともなかったのでしょうから。
 幼い頃から、自分の願いや要求が嘲笑われたり無視されたりすることなく、まともに対応されて育った人、つまり母親から愛されて育った人は、自然に人としての強さを身につけていくのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)

第3章 ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります―①

If a child lives with ridicule,
He learns to be shy.

子供をからかうことの罪

 カーネギーをはじめ多くの人が、人間の最も大切な願望の一つとして、自己重要感を上げています。自分が、社会や誰かにとって必要なんだと感じたい気持ちです。ところが、からかうということは、この大切な気持ちを傷つけることになります。相手を軽く見ているからこそ、からかうという行動にでるのすから。これほど子供の気持ちを傷つけることはないでしょう。にもかかわらず、案外大人は子供をからかって遊びます。子供のほうでも親にからかわれることを喜んでいるかのようにふるまう時があるのですが、実は、子供は親の歓心を買うために、自分で自分を傷つけているのです。
 一方でからかっておきながら、他方で意欲的な人間になってもらいたいというのは「手足を縛って水の中にほうりこんで泳げというようなもの」です。

自分を笑って追いつめる

 交流分析という分野には「絞首台の笑い(Gallows transaction)」なる言葉があります。自分の首に縄がかかっているという絶体絶命の状況にありながら、笑うなどという馬鹿げた行為で縄を締めてしまうという破壊的な笑いです。失敗や不幸に対する笑いは、すべてこの「絞首台の笑い」です。この笑いをする人は、自分が笑われる立場であることに甘んじています。「馬鹿げた失敗で他人の笑いを誘い、自分を軽蔑させる」という交流です。道化者を演じ、それを他人に笑われることで満足するのです。「医者から注意されているのにまた酒を始めた。」とか「暗い道でドブに気づかずにケガをした」などというのがそうです。そして「これは敗者にみられる交流だ」ともいわれています。
 こうした人は、自分の失敗を自分でクスクス笑って相手にとりいっています。また失敗をしてみせて他人に笑われることで、自己否定的な自分を確認するのです。さらには、笑われることで他人との関係を維持しようとまでします。
 彼らは自分が愚かでなければ他人に気に入られない、と無意識のうちに感じているのです。身近な人間の愚かさを嘲笑うことで満足するような親に育てられた子供は、当然こうした面をもつようになるでしょう。小さな子供は、親の関心を引く方法をいつもさがしているものです。そのためならば、自分を傷つけることもしてしまいます。こうして子供は自己主張のできないはにかみ屋になっていくのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社

第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います―③

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

救いのない家庭とは

 親が周囲の評価を気にしていたらどうでしょう。いつか世間を見返してやる、などという敵意を持っていたらどうでしょう。何かにつけ他人より優れていることを期待された子供は、ほんの少しのことで深刻な劣等感を持ってしまうでしょう。

 いくら親が表面的に否定したところで、子供たちが影響されるのは、そうやってかくしている親の無意識です。子供はこうした雰囲気のなかで、自分は親に好かれていない、と思ってしまいます。こうなっては、親がいくら子供に表面上思いやりを見せても、家庭を支配するのは深刻な不信感でしかないのです。
 このような家では、誰も子供の不安をとりのぞくことができません。従って、子供には、自分の身をあずけられる誰も存在しないのです。

思いやりをもつために

 母親に身をまかせていれば、不安から自分を守ってくれる、自分でじたばたすることもない。母親に訴えれば不安があってもとりのぞいてくれる、また多くの場合母親に身をまかせていれば不安そのものがない、なんと快適なことでしょう。
 そんな幼年期をもてた人に、どうして虚勢を張って周囲の人と戦う必要があるでしょう。だからこそ、逆の場合には自分を脅かすものと戦うのです。

 自分を心理的に守る必要のない人が、はじめて他人に対して思いやりをもつ余裕が出てくるのです。

この本の著者は昭和13年生まれでこの本の初版は平成2年ですから、50歳前後で書かれたことになります。働く母親が多くなった今、著者が生まれ育った時代も考慮した上で読んだほうが良いかもしれません。山ねずみは、ここに父親も加えて読んでいます。

 

第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います―②

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

他人の成功を喜べる心

 それまで生きることがじゅうぶんに楽しめなかった私が30代になって楽になれたのも、自分が負けているということを認めたからです。そんな気持ちをおさえつけている愚かさがわかったからです。
 負けていることを認められないでいると、いつも他人に自分の価値を証明していなくてはなりません。しかしそんな態度では、ますます周囲の反発を買うことになりかねません。他人の成功が自分の価値を下げるように思えて、他人の成功に素直になれないでしょう。逆に他人の失敗が、自分の価値を上げるようにも思えるでしょう。そうなると、いつも他人の成功と失敗が気になってしかたがないのす。
 まずは、今まで目をそむけていた「自分は負けている」という気持ちに気づくことです。不思議なもので、そうなるとそれまでの勝負へのこだわりが滑稽に思えるはずです。すると、勝ち負けと自分の価値とが別なものに感じられ、素直に負けを認めることもできるのです。
 そうなってはじめて人は、他人の成功を心から喜び、また他人の不幸を心から哀しむことができるようになります。そしてそのような生き方からくる心の安らかさを味わうことができるのです。

第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦いますー①

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

If a child lives with hostility, He learns to fight.

戦場にある心

 本章のテーマであるこの一文を見たとき、私は直ぐに「自分の弱みを他人に見せまいとして、虚勢を張っている人は、いつも戦場にいるようなものだ」という意味のウルフ(精神医学者)の言葉を思い出しました。このことは、虚栄心の強い人のことを考えるとよくわかります。
 虚栄心の強い人は、多大なエネルギーを労費し、自分を大きく見せて相手を圧倒しようとします。いわば力の誇示ですが、実は心の底で、自分はつまらぬ人間だと思っているのです。

 こんな人はまた、野心や名声にも固執します。それらが自分の無力感や孤立感を解消してくれるからです。恐ろしいことに、この栄光を求める心の中には、他人や世の中への復讐の衝動が隠れています。
 敵意にみちた中で育ったり、無視されて育ったり、過保護過干渉のなかで親に束縛されて育ったりした人はどうでしょう。彼らは他人との心のつながりなどというものを信じることができません。ですから、挫折にあうと、つい復讐に心を奪われがちなのです。

ほんとうに安らぎを得るには    

 自分を実際以上に見せようとすることは、重荷を背負っているようなものです。ウルフは、金持ちになることで安心しようとする人のことを「それは一トン半もの重い鎧をみにつけた恐竜が、あの大昔の泥沼の中で生きるための戦いをしなければならなかったのと同じである」といっています。自分を守るために身につけた鎧のあまりの重さに、うっかりはまりこんだ沼地からぬけ出せなくて、かえって命を落としてしまった恐竜。人間でいえばこの鎧にあたるものがお金であり、地位だとウルフは言っています。
 ほんとうに心の安らぎを求めるなら、実際の自分のそのままに価値があることを見つけなければなりません。しかし、敵意に満ちたなかで育った子供には、とても困難なことです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

 

子供の話に耳を傾けよう / ウェイトリー

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

子供の話を聞く大切さ

ここに、ウェイトリーの詩を紹介します。

   子供の話に耳を傾けよう。

きょう、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。
さもないと、いつか子どもはあなたの話を聞こうとしなくなる。

子どもの悩みや要求を聞いてあげよう。
どんなに些細な勝利の話も、どんなにささやかな行いもほめてあげよう。
おしゃべりを我慢して聞き、いっしょに大笑いしてあげよう。
子どもに何があったのか、何を求めているかを見つけてあげよう。

そして言ってあげよう、愛していると。毎晩毎晩。
叱ったあとは必ず抱きしめてやり、
「大丈夫だ」と言ってやろう。

子どもの悪い点ばかりをあげつらっていると、そうなってほしくないような人間になってしまう。
だが、同じ家族の一員なのが誇らしいと言ってやれば、
子どもは自分を成功者だと思って育つ。

きょう、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。
そうすれば、子どももあなたの話を聞きに戻ってくるだろう。

 

第1章 批判ばかり受けて育った子は非難ばかりしますー②

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

失望した子供はどうなるのか

 一方、いつも「ダメだねー」と批判された子供はどうなるのでしょうか。まず、いきすぎた批判で、子供は自分に失望していきます。するとその子供は次に、他人を攻撃することで、自分への失望と戦おうとするのです。親と同じように、他人への非難で自分がダメな人間だという思いから目をそらそうとします。他人を非難している限り自分が弱点のない人間であるような気になっていられるのです。

  困ったことに、こういう情緒的に未成熟な人というのは、しばしば同類と結びついて一緒に他人を非難します。仲間がいるぶん気楽なので、この傾向は強まります。確かに世の中には俗悪さが満ちあふれていますが、これではもちろん世の中がよくなることなどありえないし、自分が情緒的に成熟していくなど、望むべくもないでしょう。

たやすく迎合する子供

 批判されて自信を失った子供のすべてが、他人を非難するわけではありません。他人を非難しないような子供は、自分を攻撃するのです。他人を憎まないで、自分を憎むようになります。このような人は、自意識過剰で、いつも他人は自分を悪く思うと感じています。
 悪いことに、彼らは、おしつけがましい利己主義者、冷たく身勝手な人、高慢で自己中心的な人、そんな人にまで迎合してしまいます。他人を非難するのではなく、逆に他人に迎合することで自分を守ろうとするのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)  
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

第1章 批判ばかり受けて育った子は非難ばかりしますー①

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

If a child lives with criticism,
He learns to condemn.

あなたは自分に失望していないか

 心のどこかで自分に失望している人がいるとしましょう。その人も親になります。人情として、自分の子供に、親である自分がダメな人間だと示したくないのです。すると虚勢を張って自分が立派な人間であるというふりをします。自分がそれほど優れていないということを認められない親、こんな親が子供にいちばん批判的なのです。

子供の自然な成長を止めるな

 「鶏卵を見て時を告ぐるを望む」ということわざがあります。すでに鶏になったのならコケコッコーと鳴きもしましょうが、まだピヨピヨとも鳴かない卵にそれを期待するのは無理です。ところがこんなことを平気で望む親がいます。

 幼い頃はみな自分本位です。自分本位な行動から利己主義を昇華し、そして利他主義にめざめる、これが子供の自然な成長です。ところがそれを待てない親もいます。彼らは情緒的に未成熟なのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)   類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』だけこのボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

はしがき

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

 私は、さまざまな人間関係の中で、親子関係は特に大切なものと考えています。それは、親子関係が、すべての人間関係のスタートになるからです。
「幼年時代が楽しいものであれば、その残照は一生涯消えないものであるし、その逆の場合は、苦い不快感が生涯を通じて後をひくものである」とヒルティー(モラリスト)は言っています。
  私は仕事場を網代の山腹に持っていますが、その近所に犬がすみついています。ある日、彼女(めす犬でした)は4匹の子犬を産みました。もともと彼女は、私を恐れてはいませんでしたが、私が子犬を抱いても平気でいるのには、正直驚きました。
  彼女が私の仕事場に来ると、いつもパンをあげることにしているのですが、子犬を産んでからというもの、全部のパンを子犬のところへ持っていくのです。自分はガリガリにやせているのに、乳を与えたうえにパンを持っていくのです。それほど愛している子犬なのに、その子犬を抱こうとする見知らぬ人間に対して警戒しないのです。
 彼女は、幼い頃から可愛がられて育った犬なのでしょう。野良犬には、いつもビクビクしているものもいます。そんな犬たちと彼女はどこか違うのでしょうか。それは、幼い頃の周囲の愛の違いなのです。

『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)

アメリカインディアンの教え

 

 子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)です。しばらくはこの本を読み返しながら、時々、息をすること、食べること、病気の予防のためにできることなど書きたいと思います。抜粋した文章はそのまま転記したいと思います。したがって、文中の「私」は山ねずみではありませんのであしからず。
 家事や仕事の隙間時間に、ハーブティーやコーヒーを飲みながらのぞいて見てください。

 でもその前に-。山ねずみが読み忘れていたこの本の胆(心)だと思う文章をあとがきから引用しておきます。

 この『インディアンの教え』の最後の文章の「愛」の直訳は「受け入れ」です。つまり「子供を受け入れる」という教えでもあります。自分が弱いにもかかわらず、それを受け入れられず強そうにする人はもちろん自分を受け入れていません。このような人は他人も受け入れられないでしょう。

 別の言葉で言えば、この教えを子供を操作するために使わないということです。こうすればこうなるから今こうすれば良いのだと子供を自分の都合良いように動かすためにインディアンの教えを使おうとする人は失敗するにちがいありません。そのような人は自分の心に葛藤があるからです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)