こどもの口臭

ラテン語で息はアニマ。
私たちは アニマル=息をする者 です。 

こどもと接している時、口臭がすると心配になるものです。
口臭が気になるからといって、口の中を殺菌・消毒するという考え方は
気をつけなければいけません。
口の中の悪玉菌は2割程度で残りは善玉菌と日和見菌です。強い薬を使うことで善玉菌まで無くしてしまいかねません。日常のうがいは適度な殺菌効果や消臭効果のあるお茶やハーブティーがおすすめです。
予防先進国では、抗生物質を減らして良い菌を増やす環境を作るバクテリアセラピーが治療に取り入れられています。日本でもこの考え方に基づいた乳酸菌のタブレット(子供用・大人用)が発売されています。これは、虫歯や歯周病の原因菌を減らし、口臭を軽減すると同時に、免疫システムの調整を行いながら、さまざまな疾患の予防に働きかけてくれます(厚別駅前歯科でもご用意しています)

『こどもの口臭の原因と予防法』

①みがき残し 
歯や舌に食べかすやプラークが残っている。
仕上げみがきの時に、歯と歯の間、上の奥歯の頬っぺた側、下の奥歯のうら側にみがき残しが無いかチェックし舌も歯ブラシでよいので軽く数回なでる。

②口呼吸
口呼吸していると口の中が乾燥し細菌が増えやすくなります。また、そのために口の中や喉に炎症を起こし、臭いの原因になることがあります。
口呼吸の治し方

③副鼻腔炎や扁桃腺の炎症
鼻の奥の副鼻腔というところに膿がたまったり、扁桃腺の炎症が関連していることもあります。
濃い色の鼻水が出ていたり咳がいつまでも止まらない時には、小児科だけでなく耳鼻科でも診てもらいましょう。

④胃腸の不調
食事やおやつが不規則だったり、だらだら食べで、消化不良による残留物などがある。
食事の時にお茶やジュースを一緒に取ると、よく咬まないで飲み込んでしまいます。また、胃液もしっかり働きません。食事の間隔をしっかりとって、よく咬むことで唾液もでやすくなり消化不良を起こしずらくなります。
おやつは時間と量を決めて食べさせしょう。

ブログなので簡単に書こうと思ったのですが、ついつい長くなってしましました。

大人の口臭  ストレスと口臭  むし歯や歯周病によいハーブ

www.ekimaesika.com                             www.mintnokaze.com