ゆっくり届いた春のごちそう「アイヌネギ」

カタクリとアイヌネギ

 プーでの暮らしは、食べるものには困らないし屋根やガラスをたたく吹雪やみぞれに昼寝を邪魔されることもなく、何の不満もないはずでした。ところが、何時も半月もたつと、マスターの目を盗んで台所を駆け回ったり、娘さんが食べこぼしたビスケットのかけらを拾い集める日々が懐かしくなるのでした。天国だと思っていたプーがいつの間にか天国ではなくなるのです。「そろそろ戻るか」エンクルは身支度を始めました。
 地下室をでると、冬の間風でガタガタふるえていた家の窓から様々な鳥の声が聞こえてきました。するすると窓に這い上がると、木の枝にリンゴや牛脂がくくりつけてあります。エサ台にはトウモロコシやヒマワリの種、クルミまでのせてありました。さっそくエゾリスがエサ台の上でクルミを抱え込んでいます。野ねずみも来てエサ台の下にしげっているカタクリやアイヌネギの間を忙しくいったり来たりしています。下に落ちているヒマワリの種を食べていたのです。
さわさわと優しい風が南の方から吹いてきました。エンクルが風が吹いてきた方に目をやると、エサ台の向こうの南側の斜面はエゾエンゴサクの花で紫色に染まっていました。
「春だ、春だ、春が来た」エンクルは窓辺を行ったり来たりしながら、そわそわと小さく何度も飛び上がりました。
大雪の山々に、春はゆっくりやってきたのでした。

【アイヌネギ(行者ニンニク)】
アイヌネギ(行者ニンニク)のことをアイヌはキトと呼んでいました。アイヌにとって、山で採れるものは神様が人間のために地上へおろされた食べ物であり薬でした。その中でもキトはその烈しい臭いで病魔も追い払うと信じられていました。
実は山ねずみ、キトはジンギスカンや焼き肉と一緒にそのまま焼いて食べたことしかありませんでした。疲労回復や免疫力を高めるアリシンがニンニクや玉ねぎの何倍もあるということなので、まずは、ショウガも入れて醬油漬けにしてみようと思います。

アイヌネギ(行者にんにく)の効果と効能
1.β-カロテンが豊富!- 老化防止や視力を向上する効果
2.行者にんにくでビタミンCを摂取!- 細胞の老化を防止する効果
3.ビタミンKが特に豊富に含まれる!- 止血作用と骨粗しょう症予防
4.行者にんにくにはアリシンも!- 疲労回復や風邪予防
5.葉酸も摂取できる! – 胎児の先天異常防止と貧血を予防する効能
(引用:良好倶楽部)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com