ドライマウス

ラテン語で息はアニマ。
私たちは アニマル=息をする者 です。 

ここ数年、ドライマウスという言葉をよく耳にするようになりました。
ドライマウスの原因はいくつかありますが、その中でも口呼吸やストレス、薬の副作用が原因と思われるものが増えているように思います。
ストレスがあると交感神経が優位になり唾液が減少します。ストレス社会の現代、唾液を増やすための心のケアも必要です。
薬は一種類でも唾液が減るものがありますし、多剤併用によるドライマウスもあります。
全身的な病気がない場合のドライマウスは現代病と言ってもいいかもしれません。

子供のドライマウスの主な原因は口呼吸です。
何時も口が開いている、唇がカサカサしている、口内炎ができやすい、口臭などが気になる。それは口呼吸かも。
口呼吸を鼻呼吸に変えるには自宅でのトレーニングが中心になります。かと言って習癖を治すのは簡単なことではありません。口呼吸に詳しい歯医者さんのアドバイスを受けながら、お子さんができそうなトレーニング法を見つけましょう!

さまざまな鼻呼吸トレーニングの方法
                                                    www.ekimaesika.com
大人の口臭
ストレスと口臭

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com

第5章 心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなりますー③

If a child lives with tolerance,
He learns to be patient.

「安心」が我慢を育てる
トウヒの木

我慢強いということは、心の成長の一つの大切な指標です。このような立派な父親に育てられた子供は当然のことながら心も成長しているはずです。
 小さい頃、時を得て優しく子供をなでる親の手は、将来どれほど大きな力を子供から引き出すかわからないのです。
 それに比べて、何かうまくいかなかった時、鬼のような顔でにらみつけられたり、深い失望のため息吐かれたりした子は、ものごとにおじけづいてしまいます。小さい頃安心して座っていられる膝の上があった人は幸せです。それが後にどれほどその子供を我慢強くするかわからないでしょう。
     『アメリカインディアンの教え』(加藤諦三著・扶桑社)

口臭と心のためのハーブティー
『ミントの風』
www.mintnokaze.com