パパでもできる🍳お粥とあま酒

 3月とはいっても大雪の山々はすべてが雪でおおわれていました。それでも、雪の中に無数の光のかけらがちらばって春が近いことを教えてくれるのでした。エンクルが窓のすみっこで外をながめていると、きらきら光る銀色の雪原の中ををふもとの村からもどったキタキツネがゆっくりと家路に向かっているのが見えました。
そんな朝、マスターは何かにせきたてられるようにお粥を作り始めました。娘さんが熱を出したのです。土鍋に2合のお米とたくさんの水を入れてやってみたのでした。お粥はあっという間に食べきれないほど土鍋いっぱいになりました。
お粥を食べ終わると、娘さんは
「お母ちゃまの甘酒が飲みたいなぁ」
と心の中でつぶやきました。
聞こえてはいないはずなのにマスターは悲しそうな顔になったのでした。

風邪やインフルエンザが流行する時期、ママがダウンした時のためにパパもお粥ぐらいはささっと作れるようにしておきましょう。残ったお粥に糀をいれて発酵させたら、飲む美容液とも言われる糀の甘酒までできますよ。お正月に使いきれなかったきな粉もトッピングとして活用しましょう。

*糀に含まれるエルゴチオナインーVEの7000倍とも言われる抗酸化力があります。熱に強いので加熱調理しても大丈夫です。

実は山ねずみ、糀がやや苦手。飲むときには酒粕の甘酒やチャイと割って飲んでいます。
写真は左から
・あま糀+きな粉+クルミ+黒砂糖+ターメリック
・あま糀+チャイ +シナモン
・ドライフルーツのあま糀漬け(ドライフルーツを一晩あま糀に漬けたもの。レーズンやプルーンがおすすめ)

*ターメリックをかけたのは、この日たまたま二日酔いだったからです。シナモンや黒蜜、野菜パウダーなどでも。

【お粥とあま糀(甘酒)】

材料
・お米   1合
・ 水     お米の5~7倍
・ 糀      200g

作り方
・土鍋に研いだお米を入れる
・中火にかけて、沸騰したら一度なべ底からかき混ぜ、弱火の弱火にします
・蓋をして20分程弱火にかけ、火を止めて蒸らします
*吹きこぼれやすいので、ビギナーは蓋をずらして炊いた方が 良いかもしれません

・先ずは、お粥をいただきます
・残ったお粥は少し冷まして口にすることができるくらいの温度になったら(60℃前後)糀を入れてよく混ぜる
・保温ポットや保温機能のある鍋に入れて1日(半日経ったあたりで少し温める)、炊飯器(蓋は閉めないで鍋のふたなどで代用)なら保温にして6時間おく
・甘くなっていたら出来上がりです

*発酵が足りないようなら、少し火入れ(60度を超えないように)をしてさらに保温してください。これを繰り返しながら硬すぎるようならお湯を足したりしてお好みの甘さになったら冷蔵庫で保存します。
*チャイは今やコンビニでも買えるようになりましたが、自分でも簡単に作れます。作り方はネットに出ていますが、紅茶はアッサムが合いそうです。

    www.ekimaesika .com                                                                      www.mintnokaze.com

第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います―②

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

他人の成功を喜べる心

 それまで生きることがじゅうぶんに楽しめなかった私が30代になって楽になれたのも、自分が負けているということを認めたからです。そんな気持ちをおさえつけている愚かさがわかったからです。
負けていることを認められないでいると、いつも他人に自分の価値を証明していなくてはなりません。しかしそんな態度では、ますます周囲の反発を買うことになりかねません。他人の成功が自分の価値を下げるように思えて、他人の成功に素直になれないでしょう。逆に他人の失敗が、自分の価値を上げるようにも思えるでしょう。そうなると、いつも他人の成功と失敗が気になってしかたがないのす。
まずは、今まで目をそむけていた「自分は負けている」という気持ちに気づくことです。不思議なもので、そうなるとそれまでの勝負へのこだわりが滑稽に思えるはずです。すると、勝ち負けと自分の価値とが別なものに感じられ、素直に負けを認めることもできるのです。
そうなってはじめて人は、他人の成功を心から喜び、また他人の不幸を心から哀しむことができるようになります。そしてそのような生き方からくる心の安らかさを味わうことができるのです。

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』
www.mintnokaze.com

第2章 敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦いますー①

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

If a child lives with hostility, He learns to fight.

戦場にある心

 本章のテーマであるこの一文を見たとき、私は直ぐに「自分の弱みを他人に見せまいとして、虚勢を張っている人は、いつも戦場にいるようなものだ」という意味のウルフ(精神医学者)の言葉を思い出しました。このことは、虚栄心の強い人のことを考えるとよくわかります。
虚栄心の強い人は、多大なエネルギーを労費し、自分を大きく見せて相手を圧倒しようとします。いわば力の誇示ですが、実は心の底で、自分はつまらぬ人間だと思っているのです。

こんな人はまた、野心や名声にも固執します。それらが自分の無力感や孤立感を解消してくれるからです。恐ろしいことに、この栄光を求める心の中には、他人や世の中への復讐の衝動が隠れています。
敵意にみちた中で育ったり、無視されて育ったり、過保護過干渉のなかで親に束縛されて育ったりした人はどうでしょう。彼らは他人との心のつながりなどというものを信じることができません。ですから、挫折にあうと、つい復讐に心を奪われがちなのです。

ほんとうに安らぎを得るには    

 自分を実際以上に見せようとすることは、重荷を背負っているようなものです。ウルフは、金持ちになることで安心しようとする人のことを「それは一トン半もの重い鎧をみにつけた恐竜が、あの大昔の泥沼の中で生きるための戦いをしなければならなかったのと同じである」といっています。自分を守るために身につけた鎧のあまりの重さに、うっかりはまりこんだ沼地からぬけ出せなくて、かえって命を落としてしまった恐竜。人間でいえばこの鎧にあたるものがお金であり、地位だとウルフは言っています。
 ほんとうに心の安らぎを求めるなら、実際の自分のそのままに価値があることを見つけなければなりません。しかし、敵意に満ちたなかで育った子供には、とても困難なことです。

「アメリカインディアンの教え」(加藤諦三著・扶桑社)
類書が多々あり、個別選択すると「この本を購入する」という青いボタンが出てきますが『アメリカインディアンの教え』にボタンが無いので、品切れになっているようです。が、amazonから直接検索すると購入できるようです。

口臭と心のためのハーブティー『ミントの風』
www.mintnokaze.com

 

山のひな祭り🍳超簡単ひなあられ

 もりのひなまつり 節分が過ぎると、マスターは『もりのひなまつり』という絵本とこんぺい糖を窓辺におくのでした。山小屋にはおひな様はおりません。富良野にお嫁に行った娘さんが連れて行ったのです。
「聞いて。ゴリッ、シャリシャリシャリ 」
娘さんは、こんぺい糖を口に入れるとマスターの耳に吸い付くほどほっぺをつけて音を聞かせるのでした。
「投げた歯が、ちゃんとねずみさんに届いたと思うの。だから丈夫な歯がはえてきたんだわ。」
娘さんは鼻を少し上に向けて腕組みして言いました。
「お父ちゃまいつも言っているでしょう?山のねずみは、木の実やにんじんやごぼうみたいなかたい根っこを食べているから歯が丈夫なのだよって。」
こんぺい糖は、「ゴリッ、シャリシャリシャリ」という音や、時に暖炉の火のように暖かく時に雪のようにひんやりとした頬の感触までも、昨日のことのように思い出させてくれるのでした。

*乳歯が抜けたら

  

【簡単ひなあられ】


お正月に
食べきれなかった切り餅を、油で揚げて製菓用のいちごパウダーなどと混ぜるだけです。

材料
・パック入り切り餅
・いちごパウダー+粉糖
・抹茶シュガー

作り方
① 切り餅を小さく切って3日ほど乾燥させる(揚げると4~5倍になります)
② 油で揚げる(きつね色にならないように低めの温度でゆっくり揚げる)
③ 少し冷めたらビニール袋に入れてパウダーを入れてふって均等になじませる

残りは大人のひなあられ(もはやひなあられとは別物…)にしました。左からパセリソルト、シナモンシュガー、ハーブソルト

*パウダーは製菓用で百均でも手に入ります。ベビーショップなどで売っている離乳食用の野菜パウダーでもできますが、そのまま使うと粉っぽさが残るので砂糖と水を煮詰めた中に加えてあられに混ぜたほうが良いと思います。野菜パウダーはパンケーキや白玉に混ぜて使ったりもできますし、離乳食だけでなく介護食にも活用できそうです。
*最初の画像は、あられにパンプキンシードを炒って混ぜています。

                 www.ekimaesika.com                                                                      www.mintnokaze.com                        

                                                         

子供の話に耳を傾けよう / ウェイトリー

山ねずみが子供が小さいときに読んでおきたかった本があります。『アメリカインディアンの教え』です。

子供の話を聞く大切さ

ここに、ウェイトリーの詩を紹介します。

   子供の話に耳を傾けよう。

きょう、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。
さもないと、いつか子どもはあなたの話を聞こうとしなくなる。

子どもの悩みや要求を聞いてあげよう。
どんなに些細な勝利の話も、どんなにささやかな行いもほめてあげよう。
おしゃべりを我慢して聞き、いっしょに大笑いしてあげよう。
子どもに何があったのか、何を求めているかを見つけてあげよう。

そして言ってあげよう、愛していると。毎晩毎晩。
叱ったあとは必ず抱きしめてやり、
「大丈夫だ」と言ってやろう。

子どもの悪い点ばかりをあげつらっていると、そうなってほしくないような人間になってしまう。
だが、同じ家族の一員なのが誇らしいと言ってやれば、
子どもは自分を成功者だと思って育つ。

きょう、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

きょう、聞いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。
そうすれば、子どももあなたの話を聞きに戻ってくるだろう。

 

母乳ってやっぱりいいね

出展:ピジョン授乳期研究会

赤ちゃんは口でおっぱいを吸いながら、鼻で呼吸をしています。近年、子供の舌や口唇の力が弱くなり口呼吸のお子さんが増えています。それを改善するために様々なトレーニング法があります。が、生まれたばかりの赤ちゃんがおっぱいを吸うときの本能行動(生物学的には反射というかもしれません)は、どんなトレーニングもかなわないことが分かります。逆に言うと、できるだけ母乳を飲ませたほうが、舌や口唇の機能の発達のために良いということです。

www.ekimaesika.com
日本小児歯科学会「こどもたちの口と歯の質問箱」